スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

無駄のない造形にウットリ・・・木屋の雪平鍋


kiya-yukihira.jpg

雪平鍋が好きだ。

一見、華奢で軽いアルミ鍋に、不似合いなまでの無骨なネジで取っ手を固定する、その造形が好きだ。

機能性にも耐久性にも優れている日常使いの鍋なのに、はんなりとした「雪平」という名前が好きだ。

名前の由来は在原行平なんだから、本当は「行平」の方が正しいんじゃないかという疑問をスルーするくらい好きだ。



・・・でも、どこにでもある鍋だけに、どれを買うかに迷う。
かっぱ橋に行けば1500円くらいでいろんな選択肢があるし、釜浅商店に行けば手打ちのハイエンドモデルもある。

どうしたものかなーと思って買えずにいたら、たまたま立ち寄った日本橋の木屋でほどよい雪平鍋を発見。

この21cmというサイズが日常使いに超便利で、ちょっとした煮炊きもの、うどん、味噌汁・・・と毎日使える。(毎日料理する人はw)

木屋ではいつか包丁を買おうと思ってたけど、鍋も悪くない。
「木屋」という刻印にもウットリだ。

いい買い物したなーーーーー!





・・・・と、悦に入っていた3ヵ月後に引越した先がIHだったという。(涙)


こんなオチいらん。


>> 木屋の雪平鍋はこちらで買えます

いちおうカセットコンロを出せば使えるけどね・・・。

スポンサーサイト

2012/03/13 12:31 | 調理用具COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。