スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

待っててよかった!ジョセフ・ジョセフの計量スプーン

josephspoon.jpg

いろんな調理器具を持っていながら、なぜか持っていなかったのが計量スプーン。

もともと調味料を計るという高等なテクを使う人間でもなく、日常的には困ることもなかったのだが、たまーに必要になることがある。

一応、買っておこうと思ったのだが、どうも気に入るものがなくて、なかなか買えずにいた。
(「計量スプーンなんて、何でもええやん!」というツッコミは受け付けません)

で、最近出会ったのが「ジョセフ・ジョセフの計量スプーン」

カラフルでキュートなだけでなく、冷蔵庫に貼り付けておけるマグネット付き。

中途半端なので妥協しなくてよかった!


■難点

不明。 やっぱ普段は使わないし・・・・。(笑)

>> JosephJosephのマグネット付 計量スプーンはここで買えます

スポンサーサイト

2009/04/29 22:40 | 調理用具COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

「男の料理」をたしなむ全ての男子(と女子)へ・・・ストウブの鍋

staub-pot.jpg
世の女子達がいくら「ル・クルーゼ」の鍋がカワイイともてはやしても、私はだんぜんストウブ派だ。

「ドイツの職人が一つひとつ手作りしている鋳物の鍋」
   ↑
このフレーズだけでもゴハン3杯はいけるっ!  ・・・という変態です。

ずうっと欲しかったこの「ココット・オーバル27cm」を楽天のクローズドオークションで見つけたので、戯れのつもりで入札してみたら・・・・落札してしまった。
「あ~やってもうた」と思ったときには時すでに遅し。オークションで落札した商品はキャンセルがきないので、仕方なく買いました。
※ちなみに、「戯れ」と言いつつ15,000円という、ものすごく現実的な値段で入札していたあたり、かなりの確信犯だったと思われる。

さて、買ってしまったからには、美しい造形を愛でているだけというわけにもいかないので、鍋を正当化するために料理に励みました。

鶏肉のココット焼きマスタードソース
鶏胸肉に野菜を巻いて、野菜と一緒に鍋で蒸し焼きにして、最後にオーブンに入れてロースト。
staub-cook1.jpg
見た目ほどには美味ではなかったが、ビジュアル的には満たされた。

ホタテご飯
ホタテの水煮缶としめじ、ショウガを入れて、酒と醤油で味付け。水分は米よりちょっと多いくらい。
15分吸水したら、蓋をしたまま沸騰させて、沸騰したら中火と弱火の間で15分。
15分蒸らしたらできあがり。最後に強火でガーーッとオコゲを作るのもよし。
staub-cook3.jpg
最近は白米もこれで炊いている。美味いっす。

このほかにも、ビーフシチューやおでん、チリコンカンなど、いろいろ作ってみたけど、実は一番ストウブのパフォーマンスを発揮できるのでは?と思うのが、コレ。

焼き芋
水を1センチほど張った状態で生の芋を入れて、15~30分加熱(芋のサイズと火の通り具合を見ながら)。この鍋は無水調理がOKなので、そのまま放置していると、焦げ目がつきます。途中、ひっくり返すと焦げ目が均等につく。
staub-cook2.jpg
外側香ばしくて、中はホックホクで甘い!たまらん!


■難点

重い。
ル・クルーゼなんて目じゃないくらい重い。
でも、この重さがいいんだな。

フライパンと違って鍋はそんなに持ち上げたりしないので、私は気にならないんですけどね。


>> ストウブ(staub) ココット・オーバル 27cmはここが安いみたいです(送料も無料)

2009/04/22 14:11 | 調理用具COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。