スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

「我が家スタバ化計画」 ネスプレッソ・コーヒーメーカー


まだ私が社会人になってまだ間もない頃 (つまり、すごーく昔・・・だいたいジュラ紀ぐらい?)。
当時、勤めていた会社にとてもオサレな女性がおりまして、彼女の主導でオフィスにネスプレッソのマシンが導入された。
関西ではまだまだシアトル系コーヒー屋が珍しかった時代、オフィスでカプチーノが飲めるだなんてっ!!と同僚らと盛り上がり、冷蔵庫に「マイ・牛乳」がブームになりました。
とはいえ、当時はマシンも3万、5万の世界だったので、なかなか自宅でというわけにもいかず・・・。
ホンマ、いい時代になりました。

ネスプレッソのウリは手軽さと豊富なフレーバー

1.手軽さ
capriccio.jpg

デロンギのもいいけど、こういうタイプはエスプレッソマシーンだとコーヒーの粉をボロボロこぼしながら詰めて、入れたあとも片づけが面倒。
でも、ネスプレッソはカプセルをセットしてボタンを押すだけ。入れたあとも粉の処分をしなくていいし、カプセルが何個もたまってきたら捨てるだけ。

2.豊富なフレーバー
set1.jpg
もうドロドロに濃いのから、軽-いの、カフェイン抜き・・・etc,
定番だけでも10種類以上のフレーバーがあって、さらに限定フレーバーなんかもあったりするので、「今日は何にしよっかなー♪」とカプセルを選ぶだけでも、いい気分転換になる。これ、どんどん増えてるけど、一体いくつまで増やすつもりだろう・・・?(すでに何がなんだかわからない)
私が好きなのは昔からある定番、カプリチオとローマ。ドリップコーヒーが好きな人にはやや濃いかもしれないが、フォームドミルクを入れるとちょうどいい。


■難点

カプセルが高い
1杯の単価がだいたい100円くらい。スタバと比べると安いけど、高いと感じる人は多いと思う。
ボリューム・ディスカウントやキャンペーンはあるけど、基本的に高いブランドイメージをキープして安売りしない戦略。
なんたって広告のキャラクターはGクルーニーなのようぅ!!(←ネスプレッソのCM ※注意!カッコよすぎて腰がくだけます

もっとリーズナブルに家カプチーノがしたいという人には、カフェポッドのタイプがおすすめ。ネスプレッソのエレガントさはないけど、いろんな店の豆が選べるし、値段も1杯40~70円くらいとお得。


ちなみに、このネスプレッソのシリーズには、ミルクを泡立てるスチームノズルつきのタイプもあるけど、個人的にはおすすめしません。
このノズルのメンテナンスが面倒で、ちゃんとメンテしてても目詰まりするし、そのときによって上手く泡立たなかったりする。以前オフィスで使っていたマシンは、このノズルの不具合で3回くらい故障した。(たぶん、トラブルが多いからノズルなしのタイプが主流になっているのではないかと思われる。)
てなわけで、ミルクは別途泡立てることをおすすめします。
この新製品の「エアロチーノ」とかよさげですな。


>> エスプレッソメーカー「ネスプレッソ」 (セミオートタイプ)『エッセンサ C90』はここが安いです

いろんな形があるけど、ワタクシ的にはこれが一番コンパクトでおすすめ。

スポンサーサイト

2008/03/03 13:16 | キッチン家電COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。