スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ファロのくるみマスタードを主食にしたい件

wallnut mastard

久しく更新してなかったけど、最近わたしがグルメの師匠と仰いでいる方からおすすめされたマスタードが美味過ぎて美味過ぎて、この感動を誰かに伝えたい!でも、きっと誰も聞いてくれない!そうだ、ブログに吐き出そう!

・・・ということで、ファロのくるみマスタード

ファロはその師匠が大好きなマスタードのブランド。以前、師匠のお宅で鴨しゃぶ会にお招きいただいた際にカシスマスタードが出てきて、そのピンクのマスタードに私もすっかりやられてしまった。

それまではマスタードというと、粒のあるなしとディジョンぐらいの種類しか知らなかったけど、ファロはエストラゴン、バジル、カシス、ブルゴーニュ・・・と、いろんな種類があって、全部あつめたい衝動に駆られる。

で、師匠が最近ハマったという、くるみマスタードを買ってみたら・・・なんだこれ!?って美味さ。

あえて表現するなら、すっぱいカレー味!・・・・って言うと全く美味しくなさそうなんですが、マジ美味いっす。

このマスタードがあるだけで、ただ焼いただけの肉が、鶏が、ビストロの味!
なんなら、このマスタードをご飯にのせて、いやいっそ主食にしたい!と思うほどハマっております。

>> ファロのくるみ・マスタード 105gはこちら

スポンサーサイト

2013/11/15 09:57 | 調味料COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

究極のデザイン・オリーブオイル "La Petite Epicerie"

lpj.jpg

先日、目黒通りを歩いていると何やら白っぽい店が目についた。
雑貨屋か何かかなと思ってスルーしようとしたんだけど、
私の守護霊が行けとウルサイので入ってみたら・・・ビンゴ!
オサレで美味しいものの店だった。

La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)はイタリア人デザイナー、ジャクリーヌ・モラビト(Jacqueline Morabito)がプロデュースした調味料の店で、本店はプロヴァンスにあるらしい。
お嬢さん、あなたの好きなプロヴァンスです。プロヴァーーンス!(言いたいだけ)

オリーブオイルやバルサミコ酢、塩、胡椒、アーティチョークのオイル漬けなどなど・・。
さまざまな調味料がお世辞にもリーズナブルとは言えない価格で並んでいるわけですが、そんな価格はさておきで欲しくなるのは隙のないパッケージとディスプレイのせいに違いない。

ジャクリーヌ・モラビトはプロダクトのデザインやスタイリングなんかもしているようで、真っ白な店内にはこだわりの生活雑貨(これも売り物)も並ぶ。
南仏だからって妙に自然モチーフとか使わずに、白ベースでスタイリッシュなパッケージにしているのもセンスいい!

いろいろ味見させてもらったけど、白バルサミコ酢とオリーブオイルがヒットだった。

このお店では料理教室なんかもやってるらしい。興味はあるけど学芸大学は遠いなー。


>> La Petite Epicerieの商品はオンラインショップで買えます

が、東京の人はいちどお店に行ってみるべしー。


プロヴァンスっ!

2012/04/04 19:20 | 調味料COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

サラダにもアイスにも・・・白バルサミコクリーム

barsamic-white.jpg
ここ10年ほどでずいぶんとポピュラーになったバルサミコ酢。

調味料マニア的には、3つのアプローチからバルサミコ酢を極めていく必要がある。

1)ビンテージ

8年だの、12年だのワインのように熟成させたもの。
無条件にマニア心をくすぐるが、高い。

2)瓶の形状

味には何の関係もないが、マニア的には重要。
以前紹介した噴霧タイプなど、オリーブオイル並みに多様性があるので、たかが酢の瓶といえど侮れない。

3)色
バルサミコと言えば黒。あのイカスミのような色にひるんだ人も少なくないだろうが、実は白も赤もある。


で、やっとこ白の存在を覚えた頃に出会ったのが、「白バルサミコクリーム」だ。
普通の白バルサミコ酢に砂糖と澱粉を入れているので、甘くて蜂蜜のようなねっとり感がある。

もの珍しさに、用途なぞ考えず買ったので途方に暮れるかと思いきや、意外に使いみちがあった。

例えばサラダのドレッシングに。
米酢やワインビネガーだけだと、ちょっと酸っぱいなというとき、バルサミコクリームを入れると急にマイルドで味に深みがでる。
同じく、カルパッチョ的なものにも合うし、フルーツやヨーグルトにかけるのもいい。
甘いもの好きなら、迷わずバニラアイスにかけるでしょう。
バルサミコの優しい酸味に、ほどよい甘さと粘りが加わって、かなーりコクが出る。

なくても全く困らないものですが、あると楽しい調味料ですな。(そんなんばっかや)

>> イタリア産 有機バルサミコクリーム(白)はココで買えます

2010/02/09 19:04 | 調味料COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

O&CO. のオリーブオイルは使った後がメインです



O&COのオリーブオイルは美味いけど高い。高いけど楽しい。

瓶やラベルのデザインがイケてるし、ものすごい種類のオリーブオイルがそろってて、いちいちマニア心をくすぐる。
知らなかったけど、ここアメリカの会社だったのね。ヤラレタ。


でも、同じ高級オリーブオイルでも、ラウデミオとの大きな違いは、オイルを消費した後の瓶も使えるということ。

別売の注ぎ口(これも400円くらいするが)をつければ、デザイン性も利便性もバッチリのオイル入れになるので、この瓶をゲットするためだけにでも、O&COのオイルを買うべし!です。

「んじゃ、ミストなんていらんやん」という声が聞こえてきそうだけど、聞こえません。(笑)


■難点

売ってるところが少ない。

私は大阪の梅田阪急で買いましたが、心斎橋の大丸にも売ってるっぽいです。
東京は恵比寿の三越。


オンラインで売ってるところも少ないなぁ。。。

>> 販売店一覧はこちら

2009/06/04 08:46 | 調味料COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

カ○メやブ○ドッグが好きじゃない人に・・・下北沢ビレッヂソース

shimokita-source.jpg
ソースって、あんまり使う機会がないんですが、欲しいときにないと困る。

うちのオヤジ世代の人たちの中には、何にでもソースをかけたがる人がいますが、そーゆー人の定番はカゴメのウスターソース。
私も子供の頃は大好きでしたが、最近はあのちょっとケミカルな味に抵抗を覚えるようになりました。

で、いま愛用しているのがこの下北沢ビレッヂソース
無添加&砂糖不使用で、はっきりと果物と野菜の味がする。
オヤジ世代には「パンチが足りねぇ・・・」と言われそうだが、目玉焼きやコロッケ、メンチカツにちょろっとかけると、素材の味をちゃんと残してくれるので、かなりグッド。

>> 下北沢 ビレッジソース(ウスター)はココで買えます

>> 中濃タイプもあります

2008/11/30 18:43 | 調味料COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。